2006年07月17日

MUSIC PICNIC

夏といえばロックフェス。
と、いうわけで、話題のイベント「MUSIC PICNIC」に行ってきました!

・・・よくわからないけどチケットが大量に手に入ったから、という事情は君とだけの秘密だ。



なんだかんだで2時開演なのに着いたのが3時過ぎ。
僕は、今回のライブが去年の「Tag of〜」みたいな感じだというつもりで行ったんだけど、着いてそれがぜんぜん思い違いだとわかった。あれなんだね、西崎運動公園って、外から丸見え丸聞こえなのね。あとライブがメインじゃなくて「市民祭り」の一環でやってるから、会場の外は出店でいっぱい。(まぁそれはそれでいいもんだけど)天気はいいし食い物はそこら中にあふれてるし、んでロックイベントだしで、自家用車で来てなかったらビールの2缶3缶でも空けたいところだ。
いっしょにきてた弟は「ライブ嫌い」っていって帰っちゃったので、しょうがないので師匠を呼ぶことに。ほかに友達いないのか。ホイフェスタの演奏が終わるか終わらないかくらいのタイミングで入電、会場の外へ。合流したのはいいけどなんか飯食おうぜ、とかぜんざい(沖縄のね)食おうぜ、とか涼もうぜ、とか、要はお前ら「祭り」という場でだらだら過ごしたいだけちゃうんかと突っ込まれそうな男二人祭り。向こうの会場のほうから爆音ギターが聞こえてきたけどあとで知るにその人たちは「HIGH and MIGHTY COLOR」という名前で活動してるバンドらしいよ。多分誰も知らないと思うから今後に期待大だよね。というか参加バンドの中でも2番目くらいにビッグネームの方々をスルーしてて俺ら松さんに怒られるよね、リアルに、とか話す。まぁそれもよくないことなので一応形上でも会場に入る。
トリ前は(ギタドラに入るのにスルーしててほうぼうから指摘されたことで僕におなじみの)All Japan Goith。糸満出身なんだね。演奏はノリノリアゲアゲ全開、僕はスカパンクが大好物なんだな〜と思い知ったよ。おにぎりも大好物なんだな。ラストの「オジー自慢のオリオンビール」は兵隊の階級でいうと大尉殿なんだな。ふざけたこと書いてますけど、本気でグヮー行ってウヮーなってますからねこのおっさん。ペースとか体力とか全無視ですからね基本的に。
トリはもちろんORANGE RANGE。すげぇ人気。やっぱり格が違うわ。レンジ(略しちゃったよ)の楽曲はみんな「キメ」があってお客さんが乗っかってきやすいからライブでも盛り上がるのかなとうっすら思ったりした。そんな理屈じゃなくて単純に楽しいから、なんだろうけど結局は。ちなみに誰も聞かれないうちに言い訳をしておくみたいになるけど、moyoさんはORANGE RANGE決して嫌いじゃないみたいよ。ラストは「キズナ」でシメ。

ライブ終了後、あちらこちらにビール缶や食べ物のゴミが・・・。沖縄らしいといえば沖縄らしい、と思う。こういう風景を見ると心底沖縄人ひいては沖縄の社会通念が嫌いになるが、かといってそれらを持ち帰るわけでもなく眉をひそめるだけで結局通り過ぎるだけの自分自身はもっと嫌いになる。前方の芝生に眼をやると、まだ使えるであろう円扇が落ちているので拾う。
これ、車に置いておこっと。



よく言われていることには、沖縄の人はシャイだからライブやってても静かなんですってね。知らないバンドに関してはまぁ、しょうがないんじゃないっすかね。自分シャイボーイですから by高倉健。でもわりと楽しめたんでよかったです。
それはそうと、夏まっさかりで薄着の女性が多かったのを「いやはや眼福ですなぁ、生き返りますわい」とか言ってひと笑いゲットしようとしてたのにスルーしくさった師匠を俺は向こう3年は許さん。俺ただ単にエロい人じゃん。
posted by moyo at 01:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

5月3日はアニソン三昧

今日は一日 ○○三昧
NHK 番組表(注:放送時間が違います)

放送日 :2006年5月3日(水)
放送時間:午後0:15〜午前1:00
パーソナリティー:嘉門 達夫/デーモン小暮
司会:有働由美子
ゲスト:きただにひろし
    遠藤 正明
    ささきいさお
    堀江美都子
    松本 梨香
    アンジェラ
    下川みくに
    牧野 由依


さすが天下のNHK-FM、やってくれると思ってたよ。

おまけ
Hiroshi Kitadani Official Web Site
遠藤正明 公式ウェブサイト
ささきいさおオフィシャルウェブサイト
堀江美都子・ミッチネット
RICA-NET
angela official web site
下川みくにOfficial Site
ゆいとゆかいな仲間たち
posted by moyo at 15:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

The Tug of Rock'n Roll 05

に行ってきましたよ。

The Tug of Rock'n Roll 05

12:00ごろに牛と合流し、吉牛で昼飯を食べて12:30過ぎに師匠と合流。こんなときにもクイ件で行動する我々どうよ。とか。13:30くらいに会場前まで着いたはいいが結構な行列。んで入口までやっと辿り着いたはいいが1Lお茶ペットボトルを没収されかなり('A`)←こんな顔になる。
会場に入り適当な席を確保したのが1時40分くらい。すでに前座バンドが演奏しはじめているもののバンド名を名乗ってくれないので結局良く分からないまま前座終了。そういやアーティストの登場順って知ってる?という話になるが誰も知らない。チェックしろよお前ら!と思った。トリが175Rらしい、という師匠情報のみが唯一の情報というかなりタブラ・ラサな状態で本番を臨む。つーか本番始まらない。機材のセッティングがトラブっているらしい。牛と「アンプリファイアが調子悪いっぽいよ」「アンプリファイアは生き物だからね〜」とアンプリアンプリ言ってたら師匠にクイズバカ呼ばわりされたよ。てへ。
結局始まったのが14:30ごろ。1組目の175Rが登場!!ってオイ!!>師匠 でも台風の影響で順番が入れ替わったという可能性はありますよねとフォロー。1曲目「ハッピーライフ」からテンション上がりっぱなし。途中にどしゃ降りが来たけど逆にこう、よかった。ここでペース配分を大きく誤る。
ちょっとはしゃぎすぎたので休もう、雨のせいでここでのセッティング時間が長かったこともあったので少しまったりしようじゃないかと思った次の2組目がSHAKALABBITS。曲全然知らないけど全然同じテンションではしゃぎまくる。「Pivot」「MONSTER TREE」で馬鹿みたいになる。また豪雨がやってきたけど知ったこっちゃない。今知ったんだけどシャカラビってSHAKA"R"ABBITSじゃなかったんですな。
これはこのままいくと死ぬな、ぼちぼちまったり系のアーティストくるんじゃないの?とか思っていたがセッティング中にホーンズ部隊の影が。KEMURIですかそうですか。1組目からノーブレーキローラーコースターですね!わかりましたじゃあ死にます!あ、曲は全然知りませんよ!でも盛り上がっちゃわないともったいないし。ここいらで最前席でモッシュをピットする連中が出てくる。
4組目レミオロメン。聴かせる系のアーティストがようやくきたな〜とか思ってたらけっこうアッパーな曲を演奏してたんで(曲は知らん)やっぱり盛り上がってみる。「南風」でいい感じに〆。牛は今回レミオ目当てで来たと言うだけあって完全燃焼。師匠は持病の腰痛が。
5組目はACIDMAN。正直曲は全然知らない(←もうおなじみですね)のだけれど渋くていい曲を演奏するバンドだなーと思いました。ディズニーのカバーアルバムに収録されてる曲(「colors of the wind」。ポカホンタスのカバーだそうで)を演奏したときに「あーこれ演ってるバンドかー!!!」とビックリしてました。1人で。いつも1人。
6組目は斉藤和義。「歩いて帰ろう」はいいですね。ポンキッキーズ世代には懐かしいものがございます。この辺で日も傾いてきて自然の演出が素敵。
とっぷりと日も暮れ、ついにここでMONGOL800登場。地元民ファン総立ち。やっぱファン多いのね〜。1曲目「PARTY」で「懐っ!!」(当時ローカルCMに使われていたので)。盛り上がりに盛り上がる。かくいう自分もはしゃぎまくった人ですけども。
ROSSO。ブランキーとミッシェル好きな牛が「っぽいな〜」。MCをほとんど入れず純粋に音楽だけやって帰っていった姿が印象的だった。渋いぜ!自分は「ノる」というより「揺らめく」って感じでした。ROSSOのファンは多数ではないけどコアな人が多い気がする。
トリ、BUMP OF CHICKEN。1曲目「プラネタリウム」で会場がウワーってなったのがわかった。バンプファンほんと多いです。畳み掛けるように「天体観測」。会場全体が一緒に盛り上がろうとしててすっごいな〜と思ったんけどそれ以降の曲を知らなかったから疎外感とか言ったら怒りますか。一体感があって楽しかったですよ。

21:30、イベント終了。ラーメン食って別邸でテレビ見ながらくっちゃべる。終わったら別邸でクイズしようかとライブ前は言っていたんだけれどとてもそんな元気はありませんでした。全員完全燃焼です。
翌日09:30ごろ別邸を去る。俺が飲みたいだけで買ってきた「Qoo・フルーツオレ(1.5L)」は誰も手をつけていなかったようなので強奪してまいりました。



楽しかったですね。皆さんお疲れSummer。
posted by moyo at 16:51| Comment(7) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

廻る廻るよバトンは廻る。音楽編

なんか知らないがマブサビからバトンが廻ってきたんですよね。いいのか自分なんかで?音ゲーヲタクに音楽関連の質問ってもっともタブーとされていることじゃないのか?プロフィールの「好きなミュージシャン」の欄に平気でKONAMI社員の名前を書きかねん人間ですよ?
まぁ、気にしないでやってみます(しろよ!)。



1:コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
いま調べてみたら120MBでした。異常に少ないのは僕がPCで音楽を聴くという習慣をもっていないのと、レンタル等した曲はたいてい弟のノパソにブッこんでるから。

2:今聞いてる曲
ある事情があって、音楽ゲームの曲を好みで編集して焼いたCDがあって、部屋のCDプレイヤーにはそれが入ってたんで、それで。車内BGMは気分で全然違いますが、ユニコーン「ザ・ベリー・ベスト・オブ・ユニコーン」、サンボマスター「サンボマスターは君に語りかける」、V.A.「スペースインベーダー大作戦」が常時用意してあります。

3:最後に買ったCD
普通にCD屋で買ったのは、world's end girlfriend「ending story」と琉球ディスコ「LEQUIO DISK」。レンタル落ちなら、キンモクセイ「音楽は素晴らしいものだ」、UA「ILLUMINATE」、THE MAD CAPSULE MARKET'S「DIGIDOGHEADLOCK」。微妙な古さがまたいいね!(殴
音楽ゲーム関連のCDはあえて除いた、のではなく、弟達と共同出資して購入している場合がほとんどなので、厳密に自分だけの金で買ったCDをピックアップ。

4:よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
電気グルーヴ「あすなろサンシャイン」
高校のときに「A」が好きで(微妙に遅いのは電グルを知ったのが「Shangli-La」以降だったから)本当にくり返しくり返し聴いてた。その中で特にお気に入りの曲。風邪のときにうつらうつらなりながらベッドの中で汗だくで聴いてたなぁ〜とか懐かしく思った。

スピッツ「8823」
アルバム「隼」から。名曲。「君を自由にできるのは宇宙でただ一人だけ」ですよ。どうする?そんなこと言われた日にゃ。

ファットボーイ・スリム「ライト・ヒア、ライト・ナウ」
大学受験のときに5日ほど沖縄を離れたんだけど、そのときにウォークマンと一緒にテープに録音した「ロングウェイ・ベイビー!!」を持って、始終このアルバムを聴きながら移動していた。チョイスしたのはこのアルバムのオープニングトラック。くぐもったイントロからストリングスへとなだれ込む導入部は、聴いてると「何かこれから新しいことが起こるんだ」と思わせてくれた。
肝心の受験は失敗したんですけど(笑)。

キリンジ「エイリアンズ」
実はこの曲を聴いたのってかなり最近なのね。メロディラインとアレンジが切なげですごくグッときた。あと歌詞に「この星のこの僻地で魔法をかけてみせるさ」というフレーズがあったので「この星のこの僻地で → 僻地といえば僻地ーず → 僻地ーずといえば九州・琉球 → 琉九大学オープン → !!!」というこじつけで「琉九大学オープン」のED曲に採用。でも結構EDとして違和感なかったと思いますがどうよ?と、まぁそんなこともありーので思い入れは大きいです。
ちなみにこの曲以外のキリンジの曲を1曲も知りません。クロノアとか?

JOUJOUKA「ACID RAIN」
そろそろ音楽ゲームの曲を入れておかないと「お前moyoのフリをした偽者だな?!」とか思われちゃうんじゃないかな。こんなに音楽関連の記事を書いたのは初めてだし。というわけで「バストアムーブ2 ダンス天国MIX」よりこの曲です(コナミじゃねーのかよ)。プレイされた方はご存知だと思うけど参加アーティストが異常に豪華なのがこのゲームの魅力。福富幸宏、桜井鉄太郎、河野伸、DJ HASEBE、モーリス・ホワイト、etc...。今でも普通に聴いてますもん。
んで、この曲はボスキャラにあたる「ロボZ ゴールド」のテーマ曲で、いうなればハードトランスなんだけど、ギターやドラムスをフィーチャーしていてロック的なアプローチがされてるのが面白い。



疲れたよ!!!!!!!!
とりあえず誰かにバトンを廻さないといけないんだっけ?ブックマークにはクイズ関係者しかいないんだけど・・・どうしよう。じゃあとりあいず

猥様の“チラシの裏”
 猥様
みゅうの生活 みゅうさん
ファイターのattack日記 ファイターさん
自分がコメントしたことがある上のブログで。お三方よろしくお願いします。あとはリンク張ってない別な友人に送りつけてやるか。
posted by moyo at 23:48| Comment(7) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

ゲームボーイを使って作曲:gameboyzz orchestra project

音楽ネタもう一本。なんかちょっと前に話題になっていたみたいですけどごめんね兄さん流行に疎いし知ったの最近でごめんね。

gameboyzz orchestra project

ポーランドの6人組ユニットがゲームボーイ(最近はもっぱらアドバンスらしい)から奏でる音楽は、「ユーザーライクな印象のあるゲームボーイからこんなに暴力的でハードコアでノイジーな音が出るのか!」と思わせてくれます。かわいいピコピコ音を期待する人はガッカリかもしれないですね。僕は大好きですこういう扇動的な音楽。

あ、ゲームボーイなだけに「ハード」な音楽性というオチはどうですか?!
posted by moyo at 23:02| Comment(5) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

RYUKYUDISKO 1stフルアルバム「RYUKYUDISK O TECH」

がリリースされてたことをツタヤにワンコーナー出来てたのを見て初めて知りました。

rkd.jpg RYUKYUDISKO.com

石野卓球の主催するレーベル「PLATIK」の秘蔵っ子にして沖縄産テクノの急先鋒、双子ユニット「琉球ディスコ」。沖縄独特の伝統的でオリエンタルなメロディ、リズムを扇動的なハードテクノに乗せるという融合音楽で僕の心をガッチリ掴んでいることはもはやお馴染みですね。でもごめんなさい買ってません。てか買えません(お金がないよ)。お給金が入る→即購入をここで約束しておきます。

3月19日にCLUB mnd(那覇OPA7階)でイベントやるんですね。愛好会の日か。二次会早めに切り上げて三次会をクラブというのもたまには悪くないかも・・・ごめんウソ。でも行きたいなぁ



琉球ディスコのメンバーのブログがあったのでリンクしておきます。
http://blog.excite.co.jp/rkd
posted by moyo at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YMCK =8bit POP=

ymck.jpg

YMCK Official Web Site

たまたま聞いてた「つるの剛士のBPR5000」にゲストで出演していて、そのときに紹介されていた曲が琴線に触れまくりんぐ。音色はすごくピコピコしてるけど曲自体はジャズっぽかったりして、でその上に乗っかってるウイスパーボイスがまたハマってて、全体的にシブカワイイ。ピコピコサウンド大好きな自分にとってはタマランのであります。
私信だけどたぶん君なんか好みなんじゃね?>N



絶望的にレビューを書く才能に欠ける件
posted by moyo at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOMOSUKEアルバム「marble」がいらっさった

tomo.jpg

カラフルでキュートでポップでインナーなTOMOSUKE氏のソロアルバムがついに発売されました。

トモさんの曲は好みの曲が多くて今回のアルバム発売は本当に嬉しかったんですが、まあなんといいますか、アレですな、ロングになるとちょっと微妙というか、まあ、その。

フォローじゃないですが「MOBO★MOGA」のハウス風アレンジと「にゃんだふる55」「空言の海」のロングが個人的にはよかったですね。
トモさん曲が好きな人は買えばいいと思います。

(すいません、超適当で・・・マジSKAアルバムの出来が神だったのでどうしても比較してしまって、ハイ、すいません。)
posted by moyo at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。