2005年09月11日

沖縄クイズ愛好会・9月例会

今月は久々にてんさんも参加するということで「例会前にみんなで昼食でもどうでしょう」という話になりあの「波布食堂」へ行くも満員で断念。普通にマックになりました。



今月はタノムサクさんの企画「マッスル2〜A感覚とF感覚の狭間〜」。自作問題(Aコース)と市販問題集からの問題(Fコース)をチョイスする、というのがこの企画のキーか。
予選1Aは「顔」ペーパークイズ、ただし答えるのは全てマンガの登場キャラクターというもの。世代や好み的にわりと辛いものがあったが、「Manga of〜」主催者の意地で36/50点で2位。1位は39点のNさん。T山さんが試しに解いてみたところ37点だったそうです。頑張ったよね、俺!?
予選2はA-Fの問題を交互に出題し、自分がチョイスした傾向の問題を正解すると2P、それ以外は1Pという変則的な7○3×。A問題1問目、フランスの勲章の名前をど忘れし「あの〜んんん・ド・んんんんって感じの名前なんですよ・・・あ〜思い出せない〜・・・じゃあカイユ・ドゥ・シネマで」自分でいうのもなんだけど気持ちは分かる。この誤答で若干気後れしつつ『キャッツ・アイ』「甘納豆」をだろ正解。Fコースを選択したラモーンさんの勝ち抜けを横目に「キーステーション(キー局)」を正解し、A問題を正解すると勝ち抜けという状況。「日本のマジシャンで、本名を(忘れた)というのはマギー司郎ですが、本名を()という、中国は/広島生まれの〜」というポイントで「ゼンジー北京」を正解。Aコース最初の勝ち抜けとなる。先月の「ポーツマス」もそうだけど、なんかそっち系の単語の正解が多いなぁってどっち系だ。タイフーンのレポ書かなきゃ・・・
予選3。本来ならここでコースチェンジが行えるのだが、最後までAコースで頑張ると決めていたので変更せず。クイズで勝ちたいというよりはタノムサクさんの問題を堪能したいというのがメインだったのもあり。T山さんやラモーンさんがFから変更する素振りを見せなかったのでまぁよかったのかな。変更したのは「Aさんと問題が合わない」と始終嘆いていたてんさんと、FコースからやってきたDAN吉さん。さて予選3Aコースは「答えを絵に描く」早押しボードクイズ。コース変更後に「絵で答える」ことを知ったDAN吉さんが「絵心ないのに〜」とガッカリしていたが。「ペンタゴン」は勘違いして貿易センタービルを描く人続出。でも飛行機は描く。自分は「あしながおじさん」「ハイヒール」でボーナス点ゲット。「バンザイ岬」の助走バンザイっぷりは個人的にもお気に入り。「蒲団」で明らかに魚の絵を描いていた牛が「これは蒲団です」と言い張っていたのや「おおすみ」で師匠がめっちゃ巧い絵を描いていたが冷静によく見ると明らかに「気象衛星ひまわり」だろお前、なシーンが心に残りましたが、あなたの心には何が残りましたか? ここでは10問中5問も解答権を取った牛がトップ。
Fコースはボード。てんさんと館長が同率1位でした。
予選4Aコースは基本早押しクイズ、だが問題数が経過するに応じてブラームス像爆弾が移動していき、最後にブラームス像があった席の人からポイントをマイナスするもの。DAN吉さんが2度の爆弾で運悪く失格し、牛が勝ち抜けてからはNさん、師匠、自分の三すくみ状態。同点で迎えた最後の「ポンピドゥーセンター」を押したが「ドゴール空港」と誤答、3位に終わった。
Fコースは一対一の対決に持ち込んで勝つとポイントを奪えるという早押しクイズ。T山さんが積極的に対決を仕掛け、「えげつね〜」という賛辞(?)を浴びながら1抜け。立派な戦略かと。その後はてんさん、ラモーンさん、館長の順。

予選の結果、各コースから上位3人が勝ち抜け。Aコース1位は牛、2位自分で3位Nさん。Fコースは1位ラモーンさん、2位館長、そして3位にT山さんとてんさんが同率で並んだので2○1×の同点決勝を行う。1位-3位というマッチングが組まれるので牛は必死にてんさんを応援。その祈りが通じたのか、T山さんが1問目でまさかの誤答をしてしまい、てんさんが準決勝進出を決める。
準決勝はA問題-F問題に得点を配分して、合計ポイントが35に達すると勝ち抜け、誤答は4問で失格というもの。マッチングはてん-牛、自分-館長、Nさん-ラモーンさん。自分の配分はA=4、F=6という何とも中途半端なもので、どうせどちらにも対応できる気なら5:5でもよかったのではないかと今さら反省。解答権が取れないながらも(というか牛に取られっぱなしになりながらも)A「無錫」、F「サモワール」「エピゴーネン」を正解。ただしその間に「エクスプローラー1号」を誤答。ま〜1×くらいどうってことないかな〜と油断したのが悪かったのだろう、「モトロフ(簡単な火炎瓶にその名を残す)」「大友皇子(兄である大海人皇子を倒した)」を連続誤答し、誤答が許されない状況にまで追い込まれる。ヤバイヤバイヤバイ。マジどうしよう。「自転・・・沈まない・・・出没星・・・」というフレーズが聞こえてきたかと思ったら自分のボタンが点いていた。うっわやっちまった。あーあれだベタの奴だ、北極圏とかで見える白夜とか極夜とかそんな感じのことってちょっと待ってこれって沈まない星のことを問いてるんじゃないですか!? 白夜も極夜も関係ないですよー!? あー終わった、とりあえず思いついた単語を言っておこうと思って口にした「周極星」が正解なんだから展開ってわからない。ここで吹っ切れたのか知らないけれどF「科挙(圧巻、第三元、秀才などの言葉の元になった制度)」A「ケーニヒスベルク(一筆書きの問題で有名な橋があるロシアの地名)」を正解、一気にリーチにまで持ち上げる。次の問題。「〜カメハメハ大王が築いた、アメリカ唯一/の〜」というポイントで押す。「イオラニ宮殿!!!」絶叫。プレッシャーに潰されず自分のクイズが出来て本当によかった。思い出のクイズに入るかもしれんね。あと勝ち抜けたときに誰か祝福してくれてもよさそうなもんじゃね? 第一声が「来んな!!」って。T山さんが勝ち抜けたら俺も言うけど(←死にさらせ)
決勝はボードクイズ。あらかじめ渡された30問の問題から選んで出題するというもの。「馬術」「ハワード・ヒューズ」を単独不正解したのが痛かったか。優勝者は牛でした。おめ!



例会後は肉食ったり(てんさんありがとうございました)駄弁ったりして過ごしました。某企画のための様々なアイディア(主に頭が悪い方向の)がポンポン飛び出しこいつらすげーなーと思いました。具体的な内容はMD担当者がじきにうpってゆくであろうー(予言)

「本田ヒルズ・すぐムケます入院保険」
posted by moyo at 17:20| Comment(7) | TrackBack(0) | クイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レポ乙でした。
T山さんの得点は多分入ってるよ<紙

>>「本田ヒルズ・すぐムケ○○入院保険」
ひど過ぎる。そんなこというと松さ(ry
Posted by 牛 at 2005年09月12日 11:31
だからなんでそこでおr(ry
Posted by at 2005年09月12日 23:38
コース変更しなかった理由は絵心がなかったからですよ、旦那。
それにしても、「本田ヒルズ(略)」があるなら「上野クリニック(略)」もあっていい(ry
Posted by タマネギ・ラモーン at 2005年09月13日 23:27
>牛
乙でした。
T山さんの得点も入ってるんだ? 2R次第では余裕で予選突破してたかもね・・・コワイコワイ

>松さん
なんか流行の兆しですよ。「Mさん(プライバシー保護のためイニシャル)に怒られるよ」

>ラモーンさん
>コース変更しなかった理由は絵心がなかったからですよ、旦那
あ、そうだったんで? 問題傾向がFの方が好みなんだろうな〜とか思ってました。
Posted by moyo at 2005年09月14日 00:01
予選1の顔ペーパーをいま一度見返してみて、あらためて「いい難易度だな〜」と感心した。企画書には「バランス無視」とあり確かに「年代」「ジャンル(スポーツ)」「男性向け・女性向け」という点で偏りは感じたけれど、参加者の得点が25〜40点に収まっていたのでやはり基本的な登場人物を問うものが多かったのだと思う。
いっぽう自分が出したときは「多少難易度が上がっても構わないので問う価値のある作品を出題する」ことを念頭に置いていたので最高点が12/30点という有様。ちなみに最近の作品だと「DEATH NOTE」「無敵看板娘」「苺ましまろ」「ハチミツとクローバー」「スクールランブル」「アクメツ」なんか出題されてる。結構いいチョイスだなぁ(答えが出る出ないは別として)と自画自賛してみたり。

もっかいやりたいなぁ、漫画「顔」。
Posted by moyo at 2005年09月14日 00:31
>>もっかいやりたいなぁ、漫画「顔」。
漫画「顔」だけじゃなくてManga of〜も。
Posted by 牛 at 2005年09月14日 10:38
ほんと無理ですから。
Posted by moyo at 2005年09月14日 21:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6805078

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。