2006年10月29日

沖縄クイズ愛好会2006年10月例会 〜ドM達の夕べ〜

もたもたしてたら12時回ってたので慌てて行ったらぜんぜん早く着いちゃいました。



企画者のn択から企画書を渡されるが・・・く、詳しいっ・・・ビクビクッ。ルールがかなり細かめで、戦略性が問われるような内容になっている。いわゆる「たくさん答えれば勝ち」というものではなく、自分はそういう「考える」形式のクイズが苦手なので泣きそうになる。(ていうか、得意な人っているのかな。)

第1ラウンド「3○2×早押し」。今回の中では比較的オーソドックスなルールですね。先に逆リーチをかけてしまうが何とか持ちこたえて2抜け。暑い。1抜けはDAN吉さん。

○ SPAM(「SMAP」を並び替えるとできる〜みたいな問題)
× Q.E.D.(語源押しで誤爆。見当違いな答えでもないけど・・・)
○ スーパー歌舞伎(「第一作は『ヤマトタケル』/〜」)
○ 善光寺(n択さんの行動を知っててラッキー正解)


第2ラウンド「独壇場ボード」。考案者の意地で勝ち抜けおめでとう<n択さん。早いとこ仙台2連戦のレポートも書かなきゃですよ。それはいいんです。企画のほうは、第1問「葉巻専用の木箱」という問題で3人正解。予想外。まずい。終盤まで勝ち抜けが出ず、すわポイント差の勝負かと思われた矢先にDAN吉さんが勝ち抜け。全部の問題でパスをせずに勝負し続けていたとか。自分は「時刻を示すAM、PMの『M』を略さず言うと?」という問題で単独達成、2抜けでした。その後は結局勝ち抜けが出ず、ポイント差でTやまさんが3位。暑い。最後は「どうせ勝ち抜けが出ないでポイント差の勝負になるんだから、ずっと勝負し続けてた」とのことで目からうろこが。勝ち抜け条件って大事なんですね・・・。個人的には、答えを知りながらボケ続けたタモーレさんの意図が知りたいと思いました。

○ ヒュミドール(正解者3人。最近この問題、よく見る気がする)
○ 脚気(2人。『江戸わずらい』というワードを出さない企画者ドS)
○ ハレーション(4人。そりゃそうだよなぁベタだもんなぁ・・)
○ 華流(2人。自分ナイスカン)
○ meridiem(1人。さすがにスペルは書けませんでした)


第3ラウンド「勝手にルール変更クイズ」。今回の目玉??あの「テン・スッテン」さんの新作企画です。諸事情により細かいルールは書きませんが、早押しクイズに正解すればポイントや勝ち抜け・失格条件を変更できるというもの。クイズでは自分がやろうとした作戦を先にTやまさんにやられて、まぁいいか〜と思ってたらTやまさんが「moyoくん、手を組もう」。何のことかと思ったら、勝ち抜け条件を変更してくれたおかげでTやまさんと僕とで同時に勝ち抜けたらしい。思わず握手。最近、「1位を走る人を怒らせない」という戦略を覚えた僕です。年はとりました。DAN吉さんが勝ち抜け寸前で失格に追い込まれたり、Aさんがうまく勝ち抜けたりと見所が多かった企画でした。それにしても暑い。
結論としては、この形式採用でしょ。

○ ハニカム(あんまり自信がないけど押しちゃったら正解した)
○ 『絵のない絵本』(何故かこの作品よく出るよね)
○ ラート(「2つの輪を棒でつないだ・・・」で全く違う形を連想してました)
○ ジークフリート(この手の問題を押し勝てるようになったのか・・・ホロリ)
○ 『ラ・クンパルシータ』(名曲。作曲者も覚えたい)
○ 環境アセスメント(「ナショナルトラスト」で山張ってたら「おおっと違う違う!!」)


第4ラウンド「答えを改ざん!近似値パニック」。ていうか暑い。近似値クイズの答えをあの手この手で改ざんしていき、一番遠かった人が失格、これを繰り返します。自分は見当違いの答えを書きまくってるんだけど改ざんがうまくて、というか修正の効く数字の書き方をしていたおかげで残りつづける。「本州の面積」という問題では2桁違うという全くの見当違いな答えを書くが、いっしょに残っていたTやまさんが正解の倍以上の答えを書いたため生き残る、という非常にうそくさい展開も。最後の問題「シュールストレミングの臭さは何Au?」でDAN吉さんと二人「・・・どうしろと?」。企画者にはしてやったりの展開なんだろうなぁ。そしたらなんと自分のほうが近い答えを書いたらしく、1位。うそくさすぎるにも程がある。
というわけで晴れて「改ざん王」の称号を手に入れました。・・・アレ?

と、予選はここまで。予選1位は自分。うそくせ〜。2位はDAN吉さん、3位Tやまさん。上位7名が準決勝進出とのことです。暑いです。

準決勝1「トリプル通せんぼクイズ」。通過席に立ったときに2名を指名して対決、これを3回繰り返すわけですが、暑いんですが、誰を指名するかその順番も重要になってくるわけですね。あとで気づいたんですけど。結局最後まで勝ち抜けは出なかったんですが、そのときには「通過席」での正解数が多い人が優先されるんですって。そういや途中から自分とTやまさんが指名される回数が極端に減ってたなぁ〜あはは〜あち〜。でもタモーレさんが自分とTやまさんを真っ先に指名してきていたおかげでこの二名が勝ち抜け。助けられた感が非常に大きいですがまぁ、いいよね!

○ 袖珍本(スルー間際で正解。結果阻止できたのでよかった)
× カムカム(で、その次の問題で誤答。通過席の誤答はペナ無しなのでいいのだ)
○ ハングオン(うわ、moyoがスポーツ問題答えた!!残念SEGA問題でした。)
○ ディオゲネス(やっぱ「たる」がポイントですよね〜)
× 笙(「ひちりき」と誤答。ここでの誤答は計算外)
○ スカルプチュア(「彫刻」という意味の爪の装飾。思い出せてギリギリ正解)
× コーポラティブ・ハウス(その直後にまた誤答。ペナは無いんだってば)
○ 「いはんや悪人をや」(文章で答えさせるのは面白い)
○ 先鞭(をつける。「むち」という言葉が聞こえたので確定と思った)
○ 青びょうたん(カンですよ?)
○ 福寿園(企画者はほんと「伊右衛門」好きな〜)
○ スタンダードナンバー(この押しは、自分で言うのもなんだけど鬼気迫るものがあった)
○ 『ボッコちゃん』(「人造美人」と星新一からの連想)


準決勝2「サイレント2択クイズ」。準決勝1で残った5名が挑戦。自分ここ絶対に行きたくなかったので勝ち抜けられて本当によかったです。暑いし。「セットの途中で失格者が出ても続行」という一文があればよかったかも。欠点はそれくらいですね。いや参加するのは絶対に嫌ですよ?
ここではDAN吉さんが最後まで残って決勝戦進出を決めましたし、暑い。


決勝戦「(12−決勝進出人数=)9○3×クイズ」。よかった、普通だ。
最初自分がちょこちょこ正解を出して、あとからTやまさんが迫ってくるという展開・・・だったはずなのに、いつの間にか追い抜かれて、それどころか自分3○しか取ってないのにリーチをかけられてしまう。あ〜こりゃ無理だ、せめてあとどれくらい迫れるかがんばってみるか、Tやまさん確かにリーチかけてるけど失格もリーチだからもしかしたらいいところまでは行けるかもしれんね、と半ば開き直った気持ちで挑んだのがよかったのか、ガンガン正解を重ねることができて、気づけば僕もリーチ。しかも1×と誤答にも余裕がある。

「問題。DNAの4つの塩基のうち、アデニンとだけ結合するのは/〜」
え、振るのか?変なところで押しちゃったな〜。まぁいいやまだ1回間違えられるし。
ストレートに答えてみるか。

「ち・・・チミン?」
・・・決まったー!!

マジでか

○ トレーサビリティ(日本語では「追跡可能性」/。授業で習ったよ)
○ 明眸皓歯(「moyoってさ、四字熟語強いよね」って言われちゃいました)
○ ロートレック(一瞬度忘れしたけど、筒井康隆の小説を連想して思い出した)
× エスキモーロール(僕の中では「インディアン〜」と「カナディアン〜」の二択でした。笑)
○ アンデパンダン(押し勝った!)
○ ビッグ・クランチ(宇宙の始まりの爆発をビッ/。QMAって偉大ですよね〜)
○ ロイヤル・コペンハーゲン(デンマークの陶磁器ブランドはここしか知らないんです><)
○ ダイナマイト関西(大喜利イベント。ウイニングアンサーとの呼び声が妙に高い)
○ 涅槃(サンスクリット語でどうのこうの。「沖雅也」で反応するってどうなのさ>俺)
○ チミン


勝てた理由
・早押しで誤答が怖くなくなった。全問正解する必要はないのだ
・作戦を立てて挑むことができた。近似値クイズなんかその最たる例
・うそくささパワー

本人にも言ったけど、今回の企画は問題のレベルも適正だし、企画も凝っていて、最近の愛好会の企画で一番好きです。こんなクオリティの高いものを作れるんだ・・・と本当に感心しました。・・・たまに誉めないとn択さん拗ねちゃうから。w
いやーでも、本当来てよかった。





10月だけど様子見て冷房くらい入れろよ・・・空気嫁よ・・・



二次会は相変わらずCさん大爆発。
二代目とか、違いますよね。あの方はナンバーワンでありオンリーワンですよ。
posted by moyo at 01:20| Comment(5) | TrackBack(0) | クイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「勝手にルール変更クイズ」、楽しんでいただけたようで何よりです。
しっかし「答えを改ざん!近似値パニック」はうまいと思いました。そういや近似値なんて1回もアレンジした事無いです。
Posted by テン at 2006年10月29日 12:21
強いね、相変わらず。
そういえば、俺はもよ君に勝てたことはほとんどないんだよね。特に早押しは。
あと、勝つためにはうそくささパワーは必要です。と、経験者は逝ってみる(爆
Posted by タマネギ・ラモーン at 2006年10月30日 00:49
>テンさん
いえいえ、いい企画をありがとうございます。
今回の企画書はきっとn択さんが送ってくれると思いますよ。

>ラモーンさん
>俺はもよ君に勝てたことはほとんどないんだよね。特に早押しは
工工エエ(´Д`;)ノノエエ工工
俺、ラモーンさんの「何でここで押せるの!?」っていう押しに何度沈められていることか・・・今年のタイフーンのときもそうですし。
しかもそれで正解するんですもん。全然確定してないというのに!
・・・確かにうそくさいですね。(をい
Posted by moyo at 2006年10月30日 20:51
>もよくん
>早押し云々
まぁ、要するに、あれだよ。
当たればデカイが当たる確立はそんな高くない、てことよ〜。

あと僕はSでもMでもありません。
痛いの嫌だし。
Posted by タマネギ・ラモーン at 2006年10月31日 23:36
>あと僕はSでもMでもありません。
>痛いの嫌だし。

聞いてないです><
Posted by moyo at 2006年11月01日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26377895
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。