2006年04月18日

沖縄クイズ愛好会2006年4月例会 〜ミネルバのふくろうはいつ飛ぶ?〜

愛好会レポを書こうと思ってたらAさんに詳細な記録をアップされちゃったんで、「面倒くさい作業をせずにすんだ」と胸をなでおろしたのと同時に、記録より個人的感想の側面をピックアップしていこうという路線変更を決定。
当日は本(仮)屋さんに車で迎えにきてもらってY様と合流し一緒にご飯を食べるはずであったものの、12時過ぎにY様に電話したら「今起きました」との返事。とりあえず「死んでいただけませんか?」と伝えて本(仮)屋さんとモスバーガー。モス行ったの久々ですよ。

新年度一発目の企画はラモーンさんによる企画名「MONDO BIZARRO I」。どういう意味なんでしょうね??? あと「遅くても1時45分開始」って、確かにあってるけども・・・。

Aコース1「連答つき7○3×」
連答でボーナスがつく7○3×早押しクイズ。僕は「人間宣言」「2本(モノレールで「単線」のレール本数)」を連続で答えるも勝ち抜けるにはいたらず。結局普通に7ポイントためて勝ち抜けました。
しゅうちゃんさん(??)とY様のサドンデスで、しゅうちゃんの誤答でY様が勝ったときは「何で押さないんですか〜」「がっかりですよ」という罵声が外野から飛んできた。まぁ言ったのは僕です。

Bコース1「単純タイムレース」
4分間のタイムレース。人数が多いことから混戦は避けられず、一人あたりの解答権は当然減るわけなので、誤答した人が負けるのは明白。というわけでわざとガツガツ押しに行かず、ポイント押しより少し遅いくらいで押すという、一言でいえば「凄みのない」クイズを心がけました。でもそれで+8ポイントで1位だからよかったんじゃね? 2位はタモーレさんらしいです。牛のタイムレース企画でタモーレさんと二人沈没していたことが今や懐かしい・・・。

Bコース2「サバイバルボードクイズ」
間違えてばっかりだと死んじゃうボードクイズ。「栃木県」を「木県」と書き間違えたりして無駄に誤答を重ねるも、単独正解を3回くらいやって生き残る。うそくせ〜。最終的にはDAN吉さんと同点だったものの、単独正解が多かった僕がルール上1位となりました。やっぱりうそくせ〜。

準々決勝「十七の扉」
ヒントを次々に表示していって、それらの言葉から連想される事柄を答えるという、簡単にいえばそういうクイズです。今まで全部1位だったのでそこまでガツガツムードがなく、結局Bさんと一緒に最後まで見てました。

準決勝進出はmoyo、しゅうちゃん、DAN吉さん、Y様、Bさん、本(仮)屋。

準決勝「早押しボードクイズ」
トップを走り勝ち抜けを目前にした9問目、押した自分が「超伝導」と書くべきところを「超導」と書いてしまい×。今日何度目の誤字だよorz この問題がネックとなって差が縮まった上に問題難易度が下がって他の人もバンバン押してくるので本当にひやひやしました。「国際法学会(団体としてはじめてノーベル平和賞を受賞した団体)」くらいの難易度がいいですぅ・・・。結局、当初の得点差を守り抜いて本仮屋と同着1位。ほかの勝ち抜けはY様とBさん。

決勝「マジカルドロップ」
ルールは説明がめんどい。要はいっぱい答えればいいです。誤答に厳しいルールだったのですが、1問目「Sprit Finger Fastball」を「Spit〜」と誤答。不正投球してどうするorz わほーい!今日ダメだ俺!こうなったらいっぱい答えて少しでもほかの人をかく乱するしかないと思って開き直る。答えた単語はあとで書く予定です。30うん問目、「ベニスの商人」を正解しドロップを引いたらなんと!すべての色が三色そろって即勝ち抜けました!!(いやだからルール言えよ)
2位はY様、3位は本仮屋、4位はBさんですた。



来月は僕企画です。
表題大馬鹿やってる本人大真面目の「QUIZ MAGIC ACADEMY; the Real」、着々と問題は作っていますがなかなか作業は終わりそうにないです。決勝だけでXXX問用意するって正気の沙汰じゃねーな、自分で決めておいてなんだけど。みんなの心に「マジアカ風」のクイズが残ればうれしいですな。

二次会は海援隊。ここであるメンバーの一人がアルコール摂取が原因でぶっ壊れてしまい(精神的に、です)非常にダメダメになってました。具体的な言動等を列挙したいのは山々なのですけれど、メンバーの一人である彼は(とっくにお気付きでしょうが男性ですよ)どうやら当ブログを見ているらしく、あとで何言われるのかわかったもんじゃないので、ここでは明言を避けておきます。

だってねえ、書けるわけないじゃないですか。
「なんでみんな、俺を(色町)に連れてってくれないんだよー」と嘆いたり、
水割りを作ろうとして水の入ったビンのほうに氷を入れようと試みたり、
何の脈絡もなく突然「滝川クリ×××」と絶叫したり、
そんな終わってる行動、全世界に発信できるはずが



あっ!?



三度あることは四度ある。
たぶん1年周期でそうなるんじゃないかと踏んでいます。春ですし。
posted by moyo at 00:38| Comment(10) | TrackBack(0) | クイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>あるメンバーの一人がアルコール摂取が原因でぶっ壊れてしまい

また「彼」ですか。
去年の4月もそうだし、一昨年の5月も。
もはや、沖縄クイズ界における「春の風物詩」となりつつありますね。
Posted by 某Y at 2006年04月18日 02:20
彼かぁ。
春っていっても3月〜4月が多いよね。
今年はちょっと寒かったから遅れたのか。
これもまた彼らしい。
Posted by 牛 at 2006年04月18日 17:15
マニアとしては、決勝の説明がめんどいルールは気になります。誰か詳しく書いてくれないかなー。なー。
あと、あるメンバーの話題にはあえて触れないでおきます。
Posted by テン・スッテン at 2006年04月18日 21:33
>moyoくん
早ボは最初からあんな感じでいこうと狙ってたのよ、キヒャハ。ただ、終盤の展開はさすがに予想できなかったけど。
>テンくん
えーと、パズルゲーの「マジカルドロップ」のルールを多少替えたものです。基本的な部分はゲームと一緒です。
Posted by タマネギ・ラモーン at 2006年04月18日 23:05
連続投稿ですまないけど、「MONDO BIZARRO」は、フランス語で「狂った世界」という意味。俺にピッタリ…かな?
Posted by タマネギ・ラモーン at 2006年04月18日 23:10
>Y様
二次会後に約二名の後見人になった自分が言います。

 あ な た も た い が い で す よ

>牛
春先はホルモンバランスが崩れやすいから説。

>テンさん
・各自、赤、青、緑、黄色のドロップを持ち、21個のノルマを課してスタートします。
・ドロップの特性は以下のとおりです。
1 同じ色のドロップは強制的にくっつく。
2 同じ色のドロップが3個以上くっつくとそのドロップは消える。
3 ただし、「ステイ」を宣言すればそのドロップが3個以上くっついていても消えない。
 ステイの回数に制限はなく、組み合わせも自由(例:赤ドロップだけを消してほかの色は残す、など)。
・まず、早押しで正解した人がガラス玉3個を箱の中から引き、消すか、ステイするかを選びます。これを1問ごとに繰り返します。
・そして、30個のノルマをクリアするか、手持ちのドロップをすべて消す(全消し)すると、優勝となります。全消しした場合は、ノルマはいくら残っていても関係ありません。
・誤答は2問休みの上、通算誤答数*2の分だけノルマが増えます。
・最終問題で、誤答が出た場合、誤答した人は以降の解答権を失い、そして正解が出るかスルーになるまで問題を出します。
・規定問題数を使い切っても勝利条件を満たした人がいなかった場合、
 ノルマの少ないほう
 手持ちのドロップが少ないほう
 誤答が少ないほう
 サドンデス
 で優勝者を決定します。

とのことです。あーつかれた

>ラモーンさん
ジャスティス>>(超えられない壁)>>ワールド様>ハイプリエステス>>>スター>>>>>あにょーん

で、どうですか。
Posted by moyo at 2006年04月19日 00:33
ブログ閉鎖しました。

リンク削除お願いします。

短い間でしたが、お世話になりました。
Posted by 新A at 2006年04月19日 12:12
>moyoさん
ありがとー。助かります。
Posted by テン・スッテン at 2006年04月19日 12:37
2次会は僕のせいでシモネタ多かったかなあ。
僕もたいがい頭痛かったです。
Posted by ねすた at 2006年04月20日 22:07
ゲームでの使用キャラは主にジャスティスかハイプリかストレングス(娘)だったなぁ。
あと、ワールドとエンプレスの大人な魅力にやられてた俺はダメですかそうですか。
Posted by タマネギ・ラモーン at 2006年04月24日 02:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16705780
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。